燦美の宿かわなの楽しみ方

日帰りドライブコース

春の日帰りドライブコース

やわらかな日差しとおだやかな海風に誘われて…。

太平洋へ突き出た房総半島は、三方を海に囲まれた南北に長い地形をしており東西南北それぞれに岬が点在しています。軽やかな春風とともに南房総の岬めぐりと内房の絶景を堪能する「春のお手軽房総ドライブ」はいかがですか?

内房なぎさライン(R127)沿いから眼下に広がる海の風景は、旅情豊かな気分にさせてくれます。ロマンチックな雰囲気を味わう小旅行へ行きましょう。

ドライブコース詳細
  1. 富津岬(富津公園)
  2. 東京湾観音
  3. 内房なぎさライン(R127)
  4. 金谷美術館・石の町を散策
  5. 呑海楼(鋸山日本寺)
  6. ばんや
  7. 大房岬
  8. 洲﨑(灯台)
  9. 白浜・野島崎(灯台)

スポット紹介

富津岬(富津公園)
富津岬(富津公園)
東京湾の潮風かおる緑の半島。海をバックに、緑のアウトドアフィールドが広がる「遊び」いっぱいの公園です。岬の先端にある「明治百年記念展望塔」からは、三浦半島はじめ、遠く富士山まで見ることも。一年を通して楽しめるウォーター・パークも併設しているほか「野外劇場」「キャンプ場」、「テニスコート」まで整っています。
東京湾観音
東京湾観音
東京湾を一望できる南房総国定公園(大坪山)に建つ高さ56mの救世観音です。平和祈念と戦没者の慰霊を目的として建てられました。天上界(展望所)までの324段の道のりをゆっくりと拝観しながら歩いて頂ければ、東京湾の絶景や、天候に恵まれた日には富士山や美しい夕焼けも一望できます。
内房なぎさライン(R127)
内房なぎさライン(R127)
内房の海沿いを走るドライビングコース。対岸には三浦半島や遠く富士山の景色を眺めることができ、道路沿いに植えられた南国の木々にトロピカルムードがあふれています。沿道沿いには、小さく波穏やかな海岸や、面白スポットなどが点在し、走りやすいおススメのコースです。

金谷美術館・石の町を散策
金谷美術館・石の町を散策
富津市金谷地区のフェリー港近くにオープンした美術館です。古くから金谷は鋸山から切り出される房州石(金谷石)の産地として栄え、また小林一茶など多くの文人墨客が訪れた歴史があるまち。「石と芸術のまち」として親しまれており、別館の房州石を使った「石蔵」は、国の登録有形文化財に指定されています。
呑海楼(鋸山日本寺)
呑海楼(鋸山日本寺)
鋸山の日本寺、大仏から5分程のところにあるお茶席です。江戸時代の建物をそのまま使用しており、休祭日に茶屋として公開しています。こじんまりした庭には緋毛氈が敷かれた腰掛けが置かれたお茶席があり、天気の良い日には「呑海楼」という名のとおり、山と木々に囲まれた美しい海を眺めながら一服することができます。
ばんや
ばんや
鋸南町保田漁協の直営店。大人気なスポットのため、平日でも大行列する日があるのだとか。地元漁協直営だから、水揚げされた魚をすぐ調理するので魚の鮮度が断然ちがう、そしてとにかく安い! 港の景色を眺めながら、房総伝統の漁師料理を豪快に召し上がれ。

大房岬
大房岬
気候温暖で、静かな海と雄大な海蝕景観に恵まれています。岬自体が、南房総国定公園の自然公園となっており、運動公園やビジターセンター、野鳥の森、遊歩道、天然磯、展望台、キャンプ場、少年自然の家、ホテルなど様々な施設があり、様々なレジャーシーンにご利用いただけます。
洲﨑(灯台)
洲﨑(灯台)
館山のいちばん西、東京湾の入り口にある洲埼灯台は大正8年に建てられました。海のまちならではのシンボルです。灯台の傍から眼科に臨む東京湾と太平洋の景色をお楽しみください。
※灯台は登ることは出来ません。
白浜・野島崎(灯台)
白浜・野島崎(灯台)
千葉県房総半島の最南端野島崎に立つ、白亜の八角形をした大型の洋式灯台で、「日本の灯台50選」に選ばれており、国の登録有形文化財にも登録されています。周辺は南房総国定公園に指定され、潮風に吹かれながら雄大な太平洋と純白の灯台を背景にした散策は、南国ムードもあふれとても美しいものです。

line

  • 宿泊プラン
  • 日帰りプラン

line

宿泊プラン検索・予約
宿泊日
泊数  泊   室
宿泊人数  名



  • 公式ホームページ予約特典
  • 公式ホームページ予約特典
  • 予約特典PDFダウンロード
  • 最低価格保証
  • ご予約・お問い合わせ(受付 8:00〜22:00)0439-52-1318
  • メールでのお問い合わせ
  • 地元の方・団体のお客様へ
  • 感動体験パック
  • 極上簀立て盛り会席プラン
  • 質重視・会席料理プラン
  • 簀立て盛り会席プラン
  • 魅力満載の限定プラン
  • ゴルファー応援サポート
  • 周辺観光
  • かわな公式BLOG
  • メルマガ会員募集
  • かわなモバイルサイト
  • 旅館かわな Facebook
  • 旅館かわな Twitter
  • トリップアドバイザー

ページの先頭へ